TOP

クリスマスサプライズの贈り物

今年のクリスマスは、ケーキを購入しても食べられるかわからない、と思った年がありました。

しかし、神様が時間調整や、サプライズを用意してくれたようです。
入院が年内か、年明けかわからない時、いつものケーキ予約ができませんでした。年内にはないと分かった時、もういつものケーキは
予約締切、寂しく思っていた時に友人のプレゼントを思い出しました。スポンジケーキのおいしかったこと、このお店なら、と電話してみると、まだ受けつけているとのこと、例年の物より安く、しかも、ケーキの上の装飾も、
木の切り株もハウスもつくりものではなく、全て手仕事によるケーキです。当然、サンタさんやトナカイさんも手づくりです。

頑固な職人さんがこだわってつくられるようでこのようなケーキは当時は珍しいものでした。

予約された方には、とろうそくをいただきます。すっかりお気に入りになったケーキのお陰で、サンタさん、ホワイトツリー、ギター、
教会など、色々なろうそくが集まりました。神様が時間調整してくれたから、素敵なクリスマスケーキに出会えたなと思ったのです。
それだけでも素敵なことだったのに、その年は、遠方から箱いっぱいの贈り物が届きました。

あたたかい地域から、航空便です。いつも年賀状、暑中見舞いをもらっているのにお返事ごめんなさいね、冷蔵庫にあったものだけれど、
引っ越しの準備をしているからと、その地の果物やソーセージ、野菜やお菓子がいっぱいに詰めこまれていました。
だれに言われたわけではない、好きでしていたもので、お返事も、便りがないのは良い便り、と勝手に思ってそのままでいました。
気負いない贈り物だからこそ、胸に響いてくるものがあります。

神様と南国の神様からのクリスマスサプライズです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

クリスマスを彩るブランドアイテムや、お役立ちコスメはこちらから。 [PR]

.

最終更新日:2014-11-25 23:40

シェア本文内に広告が入る場合があります。不要な場合は削除して下さい。

コメント (0)